2017年06月の記事一覧 | 店長・神谷の日記

2017年06月の記事一覧 | 店長・神谷の日記

商品を伝える

■商品を伝える

インターネットショップの運営は名古屋にいながら沖縄の人と繋がることが出来てとても楽しいです。

ただ、楽しいことばかりではありません。

商品の魅力を写真で伝えなければならず、上手に写真が撮影出来ないと歯がゆいです。

ここで以前撮影したのが、ウエイトを置ける部分があることで人気なピカソイーゼルを紹介します。

全然加工していない写真です。(事務所の感じ満点ですみません。)

材質は木製なのですが、そこに塗装をしています。

この塗装感を伝えるのが非常に難しいです。

この商品は「ダークブラウン」という表現を使わさせて頂いておりますが、世の中の人の頭の中の「ダークブラウン」がみんな一緒なわけがありません。

なのでダークブラウンという「言葉」と「写真」でイメージがより正確に伝わるようにたくさん写真撮っています。

と、撮影する側のうんちくを書いてしまいましたが、もっと大切なことはこの商品を利用して頂いた時のイメージをお伝えしないといけないですね。

このイーゼルは折り畳みが出来ることも評価を頂いております。

傾斜の確度も調節出来ること、また受け部分も上下に調節が出来るのでとても柔軟です。

対応のパネルはA1(594×841(mm))サイズまでで、それ以上はNGです。ご注意下さい!!

金額で見ればもっとお安いイーゼルはたくさんあります。

ただ、長期的に使用をお考えであればこのピカソイーゼルも検討の商品にしてみて下さい(・∀・)

看板・サインの効果

■看板・サインの効果

ここが一番分からないところですね。

よく看板・サインを使われるシーンをお客様にお伺い、それに合った商品を提案させて頂くのですが…実際に使用した後のご感想はなかなかお聞きすることが出来ないのです。

「看板を設置してから、お客様が増えてもうそれどころではない!!」なんて言って頂けれたら本当に嬉しいです。

もちろん、そうじゃない場合もあるでしょう…。

やはりこれは永遠のテーマですな。

ちなみに、少し前に実家のカフェが取り付けた看板をご紹介。

取り付けるスペースが限られていたため、ベースのアルミフレームを敢えて小さくして、オムライスやワインの絵をフレームから飛び出す感じを表現しました。

※ちなみにこの案件には私もデザインに絡んでいます★…絵は知り合いに書いてもらったけど…。

メインの「RITZ CAFE」は黒カルプを使用し、表面にオレンジ色のシートを貼っています。

予算の兼ね合いでスポットライトが4つしか取り付けられなかったのですが、雰囲気重視であったため、看板全てが光らなくてもOKってことでした。

…写真は暗い感じがしますが、現場は良い感じです(・∀・)

で、気になるところの看板の効果ですが…

施工したのが2016年8月1日

なんとこの日から売上が変わったと店長(弟)から言われています。

また

「今まではお酒があるなんて知らなかった」

とか

「看板が出来て凄く入りやすくなった」

とお客様に言われたようです。

具体的な金額は伏せますが、売上は確実に上がったと言っていました。

もちろん看板を変えれば売上が上がるという保証はどこにもありません。

お店の商品、店員さんの態度、金額、営業時間、雰囲気などなど…売上に関わるものはたくさんあります。

看板をつけることによって、雰囲気がなくなるなんてことも当然あります。

看板の取付は決してお安い買い物ではないと思います。どうすれば良いか悩まれたら一度ご連絡下さい(・∀・)

2017年6月27日

梅雨

雨降って

お客さんが増えるお店

カタツムリ

初めてのスマホから投稿

さて、上手にあがっているかな?