2014年10月の記事一覧 | 店長・神谷の日記

2014年10月の記事一覧 | 店長・神谷の日記

ニーズへ

2014年10月30日

出社時

最後の自動販売機に託した想い

「温かい缶コーヒーが並んでいたら買おう…」

普段、そんなに缶コーヒーを買わないので

少し気合を入れた。

そろりそろり…

あった!!

(・∀・)

オフィスでその暖かさに包まれた…

商売はそういうことなんですよね。

求めている人に提供

一番簡単な構図

もちろん

何も意識していない人を求めている人にする技術

それも素晴らしい

何でもない朝の出来事も

角度を変えると面白い(・∀・)

運送事情

2014年10月28日

法人のお客様…

出来る事であれば

ご注文時、法人名を頂きたく思います。

弊社は色々なメーカーの商品を扱わさせて頂いており

メーカーによっては法人宛の場合でないと

商品を出荷出来ないと言ったことがございます。

また、別途お見積りを作成させて頂く際

ご納品先が法人と個人では送料の価格が変わるのです。

(個人宛ての方が高くなります。)

運送会社さんも色々と大変なようで

こういった状況でございます。

何卒、よろしくお願い致します。

盛り上がれ!!

2014年10月27日

学園祭など全国各地で盛り上がっていますね(・∀・)

あの手作り感が大好きです★

サインシティではオリジナルののぼりも製作が出来ますよ★

灯り

2014年10月23日

ぐぐんと寒くなってきました名古屋です。

東京は昨日11月下旬くらいの寒さのようで…

体調管理には十分に気をつけて下さいね。

最近日が暮れるのが早くなったせいか

ライト付きの商品のご注文を頂きます。

離れていたところでも認知してもらいましょう★

少し時間が経って届いた思い

2014年10月22日

今年の2月にサインシティでインクをご購入して下さるお客様を中心に

珍しいインクジェットメディアの出力サンプルを無料で配布させて頂きました。

お客様の商売に少しでも役に立てればといったご提案です。

大抵のお客様が3月頃までに色々な形でお返事を下さりました。

ありがとうございます。(・∀・)

そんな中、昨日(10月)お返事を下さったお客様がいらっしゃりました。

いやあ~なんかタイムマシンに乗ってきたような

そんな変な感じがしました。もちろん嬉しかったです★

看板もメッセージを発信しているというところで言えば同じかもしれません。

よくありませんか?

「ずっと前から気になっていたんだよね~」なんて言ってくれるお客様。

看板のメッセージは届いていたんですよ。

看板は数あればいいわけではありませんが

お店の方針やカラーに合わせながら設置して下さい。

探していたものはシンプルなものだった

2014年10月21日

デザインと言うのは難しいですが

求められているのは簡単なことです。

たくさんの良さを伝えたくて

あれもこれも詰めた情報は届かない。

かと言って

文字数を少なくし画面いっぱいの

大きな文字は見づらく届かない。

面白いですね。(・∀・)

何が完璧というのは分かりませんが

サインシティには実績のあるデザイナーがいますよ。

デザインシティを見て下さい。

商売の基本

2014年10月20日

大きなことは申しません。

ただ

お客様の喜ぶ看板を作りお渡しする。

対価を頂く。

ありがとうございます。

僕らは看板のサインシティです。

準備の大切さ

2014年10月15日

最近人気商品が欠品ということが多いです。

お店開店間近に発注されて

「物が無い!!」

ということは珍しくありません。

店舗の核の部分

飲食店ならコンロや冷蔵庫などの厨房機器

美容室ならシャンプー台やパーマ機

接骨院なら専用ベッド

などなどはかなり早めにご用意されるようですが

看板は比較的準備が遅いようです。

内装に関しても、開店前にいる時間が長い空間なので、比較的早めに完成するそうですが

看板は準備が遅いようです。

看板を早く準備しておくことで

開店間近に慌てることもなく

また

開店前に「ココで〇〇店やるよー!!」というアピールが出来るんです!!

準備は大切ですよ。

ポスターフレームの色々

2014年10月14日

最近、ポスターフレームのお問い合わせが多いです。

色々なメーカーから販売されていますので

「何が違うのだ?」と思われることもあると思います。

屋内向きや屋外向き、ポスターの差し替え方や、フレームの太さなどが違ったりします。

一覧があるので、ご検討されている方は一度見てください。

ポスターフレーム一覧

通過点

2014年10月9日

先日、日本人の方がノーベル物理学賞を受賞しましたね。

もちろん日本人の方の受賞でなくても、影響力のある結果を作られた方が

受賞されるわけなので、素直に凄いと思います。

ただ、やっぱり自国の方が名前を呼ばれることはなんか嬉しいですよね。

おめでとうございます!!

ただ、三人の方々はみんな「賞のために」という意気込みでなく

ただただ「好き」なんだなって伝わってきました。

きっと今回の受賞もあの方々にとっては通過点なんだなって感じました。

自分も負けとれんなーっと元気をもらいました。

頑張りましょう!!